機内エンターテインメントに対する満足度 - エアラインランキング2015

機内エンターテインメントに対する満足度

機内wifi普及で電子機器は利用緩和へ

pict エコノミークラスでも機内で携帯電話やスマートフォンの充電ができるのは常識に

身の回りには携帯電話、スマートフォン、タブレット、パソコン、デジタルカメラなどの電子機器が多くなったが、航空機の機内ではこれら電子機器の使用にはかなりの制限があった。しかし、それが緩和されつつある。2014年9月からは、それまで離着陸時には使えなかったデジタルカメラ利用が解禁になり、写真撮影を趣味にしている人を中心に、窓側のシートを希望する人が増えたという。 機内wifiを設備した機体も多くなった。機体の屋根上にアンテナが付いていて赤道上の衛星と通信し、乗客は個々のスマートフォンなどを機内のLANに接続する。料金は通信した量に応じる仕組みが主流のようだ。ただし、通信状況は天候などの環境にも左右されるのでインターネット閲覧やメールチェック程度の利用に限られることもあり、動画を見ていられる環境というわけではないという。しかし、この種の技術は日進月歩であることも確かだ。 このようなことから、多くの機材で電子機器の充電が各座席で可能となった。エコノミークラスでも110ボルト電源やUSB電源が備えられているのがスタンダードとなりつつある。


ユーザーの声
  • エミレーツ航空 (30代・男性)
    ・プログラム数がすごいことと、最新の映画が豊富。日本との路線でなくても日本語のプログラムが普通に楽しめるのはすごいこと。また、エコノミークラスでも画面が大きい。 (30代・男性)
    ・案内の冊子に、日本語の映画のページが表示してあり、また日本で公開中の作品も視聴ができた。作品数も多かった。 (60代以上・女性)
  • 日本航空 ・話題の映画をいち早く見ることができてよかったです!機内販売もお得に欲しいものがゲットできました! (30代・女性)
    ・音楽など懐かしいものもあり、楽しめました。 (50代・女性)
  • ANA ・新しい映画やバラエティ番組が多かったので満足。 (30代・女性)
    ・映画のチャンネル数も多く、幅広いジャンルの作品をそろえていたので飽きずにすんだ。 (20代・女性)

順位 前回順位 エアライン名 満足度ポイント
1位1位 (エミレーツ航空4.07
2位3位(日本航空3.93
3位4位(ANA3.85
4位7位(カタール航空3.79
5位2位(シンガポール航空3.77
6位5位(ニュージーランド航空3.73
7位8位(エバー航空3.69
8位8位(ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)3.59
9位20位(キャセイパシフィック航空3.56
9位11位(ルフトハンザ航空3.56

  • ※満足度ポイントは、満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、 不満である(+1)として算出した加重平均値。
  • ※記事は2015年6月10日時点の情報を基に作成しています。その後変更の可能性がございますことをご了承ください。
  • ※渡航前に必ず、現地の安全情報と感染症などの情報をご確認下さい »  外務省 海外安全ホームページ /  厚生労働省 検疫所ホームページ


ツアー&航空券検索


海外ツアー検索

出発地を選ぶ


フライトスケジュール(飛行機の時刻表)




他のランキングも見る
総合満足度
機内サービス部門
エンターテイメント部門
機材設備部門
機内食部門
空港接客サービス部門

バックナンバーも見る
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年


フライトスケジュール(飛行機の時刻表)