嘆きの壁旅行|海外旅行基本情報


嘆きの壁はユダヤ人にとって最も神聖な祈りの場所。紀元前の昔から、ユダヤ教の神殿は、他民族によってことごとく破壊されてきた。その中で、かろうじて破壊を免れ、1年に1日だけユダヤ人が立ち入ることを許されたのが、神殿の西側の壁、すなわち嘆きの壁だった。ユダヤ人は、壁を前に祖国の失地回復を祈り、1967年についに年間を通して壁の前で自由に祈りを捧げることができるようになる。現在、左の壁は男性用、右が女性用の祈りの場所となっている。壁の石の隙間に挟み込まれているのは、願いを書いた紙切れだ。