ショパン旅行|海外旅行基本情報


「ピアノの詩人」と呼ばれる作曲家フレデリック・ショパンは、ワルシャワから約50キロメートル離れたジェラソゾワ・ウォーラという小さな村で生まれた。『別れの曲』『英雄ポロネーズ』など数々の名曲を生み出したショパンは祖国を生涯愛し続けた。ワルシャワ11月蜂起の失敗を聞いて絶望した彼が作曲したのが『革命のエチュード』だともいわれている。ジェラソゾワ・ウォーラにあるショパンの生家は博物館となっていて、夏のシーズンにはピアノのコンサートも開かれる。ワルシャワにもショパン博物館があり、自筆の手紙や楽譜など、数多くの資料が展示されている。

近郊の観光地



EUR-PL-WAW