彫刻美術館とブレラ絵画館旅行|海外旅行基本情報


ミラノのブレラ絵画館には、15〜18世紀のロルバルティン派とベネチア派を中心としたイタリア絵画の傑作が収蔵されている。館内の展示室は38室あり、約500点以上の絵画が展示されている。ラファエロが20歳のときに描いた「聖母マリアの結婚」や、ジョヴァン・ベッリーニの「聖母子」「ピエタ」などが有名。スコルツェスコ城内の彫刻美術館には、初期キリスト教時代から16世紀までの彫刻が収集されている。ミケランジェロの最後の作品といわれている未完成の「ロンダニーニのピエタ」は必見。

彫刻美術館とブレラ絵画館に行く旅行を探す


近郊の観光地



EUR-IT-MIL