メディチ家礼拝堂旅行|海外旅行基本情報


17世紀に政治権力を失いつつあったメディチ家の富と虚栄を示すために造られた一族代々の墓。ジョヴァンニ・ニ・デ・メディチがデザインし、ニジェッティによって建てられた。1階には、メディチ家の人々の遺体を納めた石棺がブロンズ像で飾られて並んでいる。2階は君主の礼拝堂があり、色大理石をふんだんに使われた豪華な部屋になっている。これを見るだけでも、当時のメディチ家の財力を感じるだろう。廊下を渡るとミケランジェロが設計した新聖具室に辿り着く。ロレッツオ2世の墓とともに、ミケランジェロ作の「曙」「黄昏」「昼」「夜」の4つの彫刻を見ることができる。

メディチ家礼拝堂に行く旅行を探す


近郊の観光地



EUR-ES-I07