ハワース旅行|海外旅行基本情報


ハワースは作家ブロンテ姉妹の住んだ小さな村。村のはずれにはヒースの生い茂る荒野が広がっている。美しいが荒涼としたこの自然が、エミリー・ブロンテに『嵐が丘』を書かせた。姉シャーロットは『ジェーン・エア』を、妹アンは『アグネス・グレイ』を、やはりこの地で書いている。三姉妹が作品を執筆し、暮らした家がブロンテ牧師館。今は博物館となっていて、彼女らの遺品や直筆原稿などを展示している。その近くのパリッシュ教会はブロンテ姉妹の父が牧師を務め、またブロンテ一家が眠る場所でもある。小説の世界を体験するには、ブロンテ・ウェイと呼ばれる散歩道で荒野を歩いてみては。