オリエント急行旅行|海外旅行基本情報


オリエント急行といえば19世紀末、ヨーロッパ人がアジアへの果てしない夢を乗せてパリからコンスタンチノープルへと走らせた幻の豪華列車だ。しかし、空路の発達によりこの路線も衰退の一途をたどり、一時は姿を消してしまった。そんな夢の列車を再び、ということで、1980年代になってから復活。現在、ロンドン・ヴィクトリア駅からパリ経由でベネチア・サンタマリア駅までを結ぶ定期列車としてファンを集めている。その豪華な内装と一流レストラン並みの食事はまさに往年の社交界のサロンを彷彿とさせ、ことのほか優雅な旅を約束してくれる。