プリンス・エドワード島旅行|海外旅行基本情報


カナダ東部、セント・ローレンス湾に浮かぶ三日月型の島で、カナダで最も小さい州だ。モンゴメリー原作の『赤毛のアン』の舞台として有名。晴れ渡った青い空、赤い土と緑の草木、複雑に入り組んだ海岸線のコントラストが美しい風景を作り出している。島の中央にある州都シャーロットタウンは、1864年にカナダ連邦の設立討議が行われ、カナダ発祥の地として知られており、現在も政治・文化の中心地。見どころはやはり、キャベンディッシュ村の『赤毛のアン』ゆかりの家々。モンゴメリーの生家も残されており、観光客で賑わいを見せる。