ラスパルマス旅行|海外旅行基本情報


カナリア諸島で3番目に大きな島、グラン・カナリア島の中心地で、カナリア諸島一の商業都市。各国からの船が集まり、活気を見せている。街はレストラン、ホテルが集まるプエルト・デ・ラ・クルス地区と旧市街ベゲータ地区に分かれる。グラン・カナリア島の先住民族はグアンチェ族。彼らの文化を知る手がかりになるのがカナリア博物館だ。またこの島は、コロンブスがアメリカ大陸発見航海の途中で立ち寄ったことでも有名。1502年に滞在したという当時の宮殿がコロンの家。2つともベゲータ地区にある。