バルデモーサ旅行|海外旅行基本情報


パルマから北北西約 17キロメートルの小さな村。海岸線から小高い丘の上に登ると、ショパンとジョルジュ・サンドが愛の逃避行で移り住んだカルトゥハ修道院がある。ショパンはこの美しい風景の中で『雨だれ』などの曲を作曲し、ジョルジュ・サンドは『マヨルカ島の冬』を創作した。しかし、道ならぬ恋に反感をもつ保守的な村人たちに快く迎えられず、2人はひと冬で島を去っていった。この2人が過ごした部屋がそのまま博物館になっており、ショパンのピアノや楽譜、調度品から、当時の2人の生活をしのぶことができる。