シギリヤロック遺跡旅行|海外旅行基本情報


ジャングルの中から忽然と姿を現す、高さ200メートル弱の絶壁の岩山が、約1500年前の宮殿跡を残すシギリヤロックだ。敬虔な仏教徒の国シンハラで、父を殺して王位についたカッサパ1世が、追放した弟の復讐を恐れてこの岩山の上に宮殿を建てた。城門に聖なる獅子をかたどり、美しい「水の庭園」を配した宮殿は、しかし、わずか十数年後、弟の報復により主を亡くし終わりを告げる。宮殿はその後荒廃し、あとかたもないが、西側の窪みの岩肌には、おおらかな筆遣いで、鮮やかな色彩の美人画が22体残されており、往時の華麗さをしのばせている。