メーホンソン旅行|海外旅行基本情報


タイ北部、ミャンマーとの国境に近い山間の街。シャン族をはじめとしてカレン族、ラフ族、リス族など山岳民族が多く住んでいる。空港が建設され、山岳民族の村などへのトレッキングの拠点として、観光地化が進んでいる。多種多様なトレッキングツアーが出ているので、時間と体力に合わせて選ぶことができる。ゾウに乗り、筏で川を下って首長族の村を訪れるツアーなどが人気だ。街での見どころは、チョーンカム池のほとりに並んでいる2つの寺院、ミャンマー様式のワットチョーンクラーンとシャン様式のワットチョーンカム。街の西の山頂に建つワットプラタートドイコンムーからは、街並みと滑走路が眺められる。