コルト旅行|海外旅行基本情報


地中海に浮かぶ豊かな島コルシカは絶えず領有権争いの的になってきた歴史があるが、18世紀末にフランス領となる以前、独立政府を掲げていた時代もある。島の最高峰チント山をはじめとする山々に抱かれたコルトの町はいまでこそひっそりとしたたたずまいだが、1755年にパスカル・パオリが独立政府の首都に定めた地。パオリ館には当時の資料などがあり、コルシカ島民の独立心の強さの一端を伺うことができる。このほか、自然の要塞も見どころのひとつ。