ルノワール旅行|海外旅行基本情報


1841年にリモージュで生まれたピエール・オーギュスト・ルノワールは1876年制作の名画「ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット」で知られる印象派の巨匠。微妙な色使いにより光の動きを見事に表現した独特の画風は、時代を超えて人々を魅了する。幼いころにパリに移り、少年期から18世紀の画家たちの影響を受けてきた彼は、やがてモネ、シスレー、セザンヌらと並んで印象派の中心的存在として活躍。パリ市内はもとより郊外のアルジャントゥイユ、シャトゥーなどセーヌ河沿いの町に足繁く通い、多くの作品を残す。1883年ごろから次第に印象派と分離してゆき、晩年はもっぱら裸婦を描いて女体の官能美を極めるにいたった。

ルノワールに行く旅行を探す


近郊の観光地



EUR-FR-NCE