ナスカの地上絵旅行|海外旅行基本情報


ペルー南部海岸地帯の砂漠に描かれたさまざまな地上絵の真相は、1939年にポール・コソック博士が発見して以来、現代でも謎に包まれている。紀元前100〜800年ごろ、ナスカ地方で栄えた文化によって描かれたといわれている。広大な砂漠に、コンドルやトカゲ、宇宙飛行士などの動植物の絵が約30個、数10キロメートルにわたる直線が約300本。絵の大きさは全長100メートル以上にもおよび、飛行機のない時代にいったいどのように、何のために描いたのか、謎は深まるばかり。砂漠に立っていても、全体像はわからないので、遊覧飛行で空から地上絵の謎に迫ろう。

ナスカの地上絵に行く旅行を探す


近郊の観光地



DUS-PE-D91