モダーブ城旅行|海外旅行基本情報


13世紀にオーユ川沿いの60メートルの断崖に建てられたが、17世紀に当時の城主マルサン家のジャン・ガスパール・フェルディナンドによって再建された。城内は贅を尽くした調度品や家具が美しい「ルイ14世の間」や、ゴブラン織りのタペストリーが掛けられた「ゴブランの間」、天井に紋章が彫られた大広間、広大な外庭などが見られ、中世の貴族の世界にタイムスリップしたかのように錯覚してしまう。18世紀後半にはアンヌ・レオンドゥ・モンモランシーが所有し、1941年にブリュッセルの水道局が購入している。現在、2階のチャペルで結婚式も可能。