ファド旅行|海外旅行基本情報


ラテン語のfatum(宿命、運命)を語源にしているというファドは、ポルトガルの人々に愛されている伝統歌謡である。その調べは、哀愁を帯び、暗く、甘く、切ない。歌は、人生や実らぬ恋、海から帰らぬ夫や息子を待つ女の情念が、時にはしっとりと、時には激しく歌い上げられる。ファドが世界に知れわたったのは、フランス映画『過去を持つ愛情』(1954年)で、アマリア・ロドリゲスが歌った「暗いはしけ」。ファドは、リスボンなら、アルファマかバイロ・アルトのファド・レストランで聴くことができる。

近郊の観光地



EUR-PT-LIS