兵馬俑坑旅行|海外旅行基本情報


初めて中国を全国統一した秦の始皇帝は、阿房宮、万里の長城を築くと同時に自分の墓の建造を始めた。兵馬俑坑はその墓を守るために造られたもので、2キロメートル離れた始皇帝陵の一部。1974年、付近の農民が井戸を掘っている時に発見したのをきっかけにその存在が明らかになった。現在1、2、3号坑が公開されている。俑とは国王のために殉死する臣下のかわりとなる人形のこと。東西幅230メートル、南北幅62メートルの1号坑には、復元された兵馬俑が埋葬時と同じように西の陵墓に向かって整然と並んでおり、迫力の光景だ。始皇帝の壮大な構想に驚くとともに、その権力の大きさをあらためて実感するだろう。