大連の街旅行|海外旅行基本情報


青泥と呼ばれる小さな漁村にすぎなかった大連。この街が注目を浴びるようになったのは、1898年に帝政ロシアの租借地となったときから。日露戦争後は日本に占領される。現在も当時造られた洋風建築が残る。街並みは美しいが、中国の人々にとっては占領の証でもあるもの。近代の歴史を考えながら街を散策したい。中山広場は大連の中心。大連賓館(旧大和ホテル)、中国銀行遼寧分行(旧横浜銀行大連支店)などの洋風建築が立ち並ぶ。街の北にある大連港は活気あふれる大貿易港。また大連の海岸沿いには星海公園、付家荘公園、老虎灘といった美しい海浜公園や海岸が数多くある。大連は旅順への入り口の街でもある。