広州の街旅行|海外旅行基本情報


広州は広東省の省都で、華南最大の国際都市。古くから貿易拠点として栄えてきた。街の北側にある広大な越秀公園には、伝説にちなんだ5匹の羊の像、五羊石像がある。その昔、5人の仙人と稲穂をくわえた5匹の羊が広州にやってきて五穀豊穣の土地を作ったという。園内には明代建造の鎮海楼も残っており、現在は広州博物館として公開している。街の中心部には537年に創建された六榕寺がある。境内に建つ高さ57メートルの塔は宋代のもので、街のシンボルにもなっている。孫文を記念して建てられた中山紀念堂も見どころ。また「食は広州に在り」と言われるほど食材が豊富。動物、野菜、水産物などあらゆる食材が売られる清平市場は広州の台所だ。