蘭州の街旅行|海外旅行基本情報


西安の西500キロメートル、シルクロードの要衝として栄えた蘭州。黄河沿いの街はイスラムの香りが漂う。かつて玄奘三蔵やチベット王に嫁いだ文成公主がこの街から黄河を渡し船で渡ったという。マルコ・ポーロも立ち寄った。見どころは郊外にある炳霊寺石窟で、劉家峡ダムの上流に位置し、遊覧船でアクセスする。183もの石窟がある壮大な石窟群だ。第71窟は高さ27メートルもある巨大な大仏があり圧巻。街には元代に建てられた白い塔、白塔寺がある白塔山公園、名将・霍去病ゆかりの五泉山公園、武威から出土した青銅製の「馬踏飛燕」像で有名な甘粛省博物館などがある。