ハイティー旅行|海外旅行基本情報


19世紀の半ばごろに始まったといわれるアフタヌーンティーの習慣。上流階級の人々が夜遅いディナーまでの空腹をまぎらわせるために3時半から5時ごろにお茶といっしょにサンドイッチやケーキを食べるようになったことが習慣になったとか。イギリスのホテルのティールームなどで体験できるが、紅茶がポットでたっぷりサービスされるのはもちろんのこと、何段重ねにもなった専用のトレイにスコーン、サンドイッチ、ケーキなどがどっさり盛られて出てくるので、それだけで夕食がわりになるほど。