アフリカ料理旅行|海外旅行基本情報


アフリカといっても広大なので、地域によって食べられているものもかなり違ってくる。イスラム圏の北アフリカでは、マトンやラム肉が中心で、香辛料をきかせた野菜との煮込み料理などが多い。細かい顆粒状のパスタ、クスクスや羊肉の串焼きシシカバブなどが代表的なメニュー。エジプトではハトの料理やモロヘイヤのスープなどが名物だ。中央アフリカになると、タロイモやキャッサバ、バナナ、トウモロコシなどが主食になる。こういった主食類を粉にして団子にしたり、蒸したりして、野菜や肉の入った煮込み料理をかけたものが一般的な食事になる。