ニョニャ料理旅行|海外旅行基本情報


マレーシアに住む中国系マレー人の女性のことをニョニャというが、その名がついたニョニャ料理は、マレーシアと中国料理が混じった独特の味。見た目は中国料理風だが、味付けはマレー風でかなりスパイシーになっている。ニョニャ料理の代表といえば、ラクサ。これは魚のすり身を使ったスープにうどん状の麺が入ったマレー風のうどんで、野菜のみじん切りを麺の上にふりかけて食べる。初めて食べるときは魚の匂いが鼻につくが、食べ慣れてくるとクセになる。ラクサはペナンのものが一番有名だ。