北京料理旅行|海外旅行基本情報


山東地方や河南地方の料理を中心に、宮廷料理の影響を受けて発達した北京料理は、寒い土地柄もあって脂っこくこってりした料理が多い。米よりも小麦が多くとれることもあって、麺類、餃子類などもよく食べられている。しかし有名なのはやはり北京ダック。特別に太らせて育てたアヒルにタレをぬってカマドでじっくりあぶり焼きにし、皮を薄切りにして薄餅に味噌と包んで食べるのだが、口に入れるとパリパリの皮とこってりした味噌味がじんわり広がって、もう最高! ほかには羊のシャブシャブなどもおすすめ。