四川料理旅行|海外旅行基本情報


唐辛子や山椒、豆板醤などの香辛料をたくさん使った、しびれるように辛い料理が多い四川料理。味付けもかなり濃い。四川盆地は湿度が高く風土病が多かったので、このように辛い料理が生まれたといわれている。日本でもおなじみの麻婆豆腐、辛い肉味噌をのせた担々麺、エビのチリソース炒め干焼蝦仁などはみんな四川生まれの料理だ。これらはいずれも惣菜料理だが、珍しいところでは熊の手を材料にした料理やアワビの料理の竜井鮑魚、おこげを揚げてあんかけにした鍋巴などがある。