アルトゥハン遺跡旅行|海外旅行基本情報


メキシコ、グアテマラと並んで、マヤ遺跡が数多く点在するベリーズに位置するアルトゥンハ遺跡。熱帯雨林の道を抜けると大きな神殿やピラミッドが目に飛び込んでくる。アルトゥンハとはマヤの言葉で”岩の沼”の意。石造りの神殿群はまさに緑の中の沼のようだ。遺跡の中で一番大きい太陽神の神殿は高さ18メートル、頂上には生け贄を置いたと思われる巨大な石の円形台がある。ほかにも翡翠でできた太陽神の頭部像や、マヤアーチと呼ばれるアーチ型の屋根など、芸術的にも建築的にも優れた建造物が多い。アルトゥンハは7世紀ごろもっとも繁栄し、1300年間存在した都市国家だったようだ。

アルトゥハン遺跡に行く旅行を探す


近郊の観光地



DUS-BZ-BZE