マレーシアF-1グランプリ旅行|海外旅行基本情報


サーキット名はセパン。真新しい施設と南国植物が植え込まれた独特の雰囲気がある。熱帯地域にある唯一のサーキットであるため、高温、高湿度、スコールなどの要素が大きく勝敗を左右する。グランドスタンドを挟み込むように2本の長い直線と、そこを周回するコーナーが組み合わさったテクニカル・コースで非常に特徴的である。施設が新しく、アジア人が多いので日本人には観戦状態は良好といえる。オーバーテイクポイントが多く、みどころも増えるが、それ以上にマシンセッテングが大きく物を言うグランプリでもある。1コーナー、2コーナーは下りながらの連続ヘアピンでコース幅が18Mもあり、最大の抜きどころになるだろう。

マレーシアF-1グランプリに行く旅行を探す


近郊の観光地



AAS-MY-KUL