カーボヴェルデ旅行・カーボヴェルデ観光徹底ガイド

カーボヴェルデ旅行・カーボヴェルデ観光徹底ガイド

カーボヴェルデ旅行・観光の見どころ・観光情報

カーボヴェルデは、西アフリカのセネガル沖600キロに位置する大小18の火山島からなる国だ。大航海時代の15世紀にポルトガル人によって発見されて以来、植民地貿易の中継点として栄えた。アフリカ、ブラジル、ポルトガルの文化がまじりあった独特の文化が作られ、人気のリゾート地として多くのヨーロッパ人がバカンスに訪れる。首都プライアのあるサン・ティアゴ島は石畳の町並みが美しい。ポルトガル植民地時代の城塞や教会が連なり、カーボヴェルデの音楽を聞かせるレストランも多い。美しいビーチの広がるサル島のタラファルのリゾートもおすすめ。標高約2800mの火山のあるフォゴ島は、白ワインの産地として人気がある。(2016年9月編集部調べ)

カーボヴェルデへ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

カーボヴェルデの人気問合せ情報

カーボヴェルデの最安値カレンダー

カーボヴェルデ旅行・観光の選び方

日本からのツアーは少ないが、モーリタニアやセネガルなどの国々とセットで訪ねるツアーもある

日本からの直行便はないため、ヨーロッパやエチオピアのアジアベバなどを経由して首都のプライアに入る。ツアー期間は7日前後だが、数は少ない。サン・ティアゴ島やフォゴ島、音楽の町として知られるサン・ビセンテ島などを訪れ、新鮮なシーフード料理や、フォゴ島名産の白ワインなどを味わいたい。サル島のサンタマリアの町に広がる、白砂とエメラルドグリーンの美しいビーチも歩きたい。お土産には地元産のコーヒー、チョコレートのほか、ポルトガルやブラジルの影響を受けたカーボヴェルデ独特の音楽モルナのCDもおすすめ。(2016年9月編集部調べ)


カーボヴェルデのグルメ・伝統料理

カーボヴェルデの料理は、魚貝類を中心としたポルトガル料理の影響が濃い。伝統料理の「カシューパ」は、とうもろこし、野菜、豆、豚肉などの煮込み料理でブラジルのフェイジョアーダによく似ている。フライにした魚をピーマン、玉ねぎ、ニンニク、トマトソースなどで煮込んでご飯にかけた「スカベージュ」はグルメも満足の味だ。ほとんどの料理に唐辛子、ニンニク、オリーブオイルを混ぜた「マラゲット」と呼ばれるオイルが添えられる。フォゴ島の白ワインや、「ポンチ」と呼ばれるフルーツのラム酒漬けも食事といっしょに味わいたい。(2015年編集部調べ)

カーボヴェルデの人気ツアー

カーボヴェルデ旅行・カーボヴェルデ観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top