スペイン領北アフリカ旅行・スペイン領北アフリカ観光徹底ガイド

スペイン領北アフリカ旅行・スペイン領北アフリカ観光徹底ガイド

スペイン領北アフリカ旅行・観光の見どころ・観光情報

スペイン領北アフリカは、モロッコにある飛び地のセウタとメリリャ、カナリア諸島などをさす。リゾート地として人気が高く、ヨーロッパからの観光客で夏のバカンスシーズンはにぎわう。セウタは人口7万5000人の小さな町だが、関税が安いショッピングの町として有名だ。セウタの海辺のホテルから眺めるジブラルタル海峡は絶景と言っていいだろう。メリリャは歩いてまわれるほど小さな町だが、城壁に囲まれたアラブ風の旧市街が美しい。7つの島からなるカナリア諸島は「大西洋のハワイ」と言われ、世界遺産がある。豊かな自然と歴史が魅力だ。(2016年9月編集部調べ)

スペイン領北アフリカへ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

スペイン領北アフリカの人気問合せ情報

スペイン領北アフリカの最安値カレンダー

スペイン領北アフリカ旅行・観光の選び方

スペイン、モロッコとセウタ、メリリャ、カナリア諸島を周遊するツアーもある

単独のツアーはないが、スペイン・ツアーにセウタやメリリャが含まれる場合がある。ツアー期間は8日から10日間前後。カナリア諸島は主要な島々をめぐるツアーがある。スペイン最高峰のテイデ山のあるテネリフェ島、世界遺産ガラホナイ国立公園のあるゴメラ島、みごとな港湾都市を持つグラン・カナリア島、直径10kmのカルデラの絶景が見られるラ・パルマ島など、島によってそれぞれの魅力がある。新鮮な魚や地元産の果物がおいしい。カナリア諸島では、モホソースというオリーブオイルとにんにく、粗塩などからつくった調味料が肉料理や魚料理に活躍する。(2016年9月編集部調べ)


スペイン領北アフリカのグルメ・伝統料理

バラエティ豊かなスペイン料理が味わえる。いずれの土地も海のそばなので、新鮮な海の幸を用いたパエリャなどグルメにとって食事の満足度は高い。セウタやメリリャではモロッコ料理も味わえる。カナリア諸島ではトウモロコシ、ジャガイモ、トマトなどの新大陸起源の食材が早い段階から料理に使われ、塩茹でのジャガイモを自然乾燥させた「パパ・アルガー」や穀類の粉を練った「ゴフィオ」などの伝統料理があり、「モホ・ベルデ」というハーブソースが添えられる。(2015年編集部調べ)

スペイン領北アフリカのショッピング情報

特産品はワイン、オリーブオイル、生ハム、ハーブティー、カラフルな陶器などスペイン風のものに加えて、モロッコ特産の革細工や寄せ木の箱、スパイスなども土産物として人気だ。カナリア諸島のテネリフェ島では、島で採れた葡萄から作ったワインが名産。島で栽培されたオリーブを用いたナチュラルな石けんやハンドクリーム、木彫細工が施された木箱も人気がある。市場やスーパーにあるイチジクやアンズなどのドライフルーツ、ナッツ類もお土産に最適。(2015年編集部調べ)

スペイン領北アフリカのオススメツアー

スペイン領北アフリカ旅行・スペイン領北アフリカ観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top