世界遺産「サロンガ国立公園(サロンガ)」の詳細情報

コンゴ民主共和国の世界遺産・名所ガイド

Salonga National Park

サロンガ国立公園

名称:サロンガ国立公園(コンゴ民主共和国
英語名称:Salonga National Park
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1984年

アフリカ最大の熱帯多雨林保護区

コンゴ中央に位置する「サロンガ国立公園」は、赤道直下に広がる熱帯雨林保護区だ。高温多湿の深い密林、公園に流れ込むコンゴ川の支流が人間の侵入を阻み、周辺から隔絶された野生動物の楽園になっている。約400種を超える哺乳類が暮らしているとされ、中でも約2万頭生息していると推定されるボノボ(ピグミーチンパンー)の研究地として有名だ。そのほかオカピ、ミズジャコウネコなど絶滅を危惧されている動物はじめ、クロコダイル、コンゴクジャク、ボンゴ、 センザンコウなど貴重な種の保護に役立っている。近年、周辺の人口急増や密猟、森林伐採の深刻化などによって生態系の維持が危ぶまれ、1999年、危機遺産リストに登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


コンゴ民主共和国の世界遺産「サロンガ国立公園」についてご紹介します。サロンガ国立公園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。