世界遺産「ジャームのミナレットと考古遺跡群(ジャムのミナレット)」の詳細情報

アフガニスタンの世界遺産・名所ガイド

Minaret and Archaeological Remains of Jam

ジャームのミナレットと考古遺跡群

名称:ジャームのミナレットと考古遺跡群(アフガニスタン
英語名称:Minaret and Archaeological Remains of Jam
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2002年

ゴール朝のスルタンが建立した塔など

ジャームのミナレット(尖塔)は、アフガニスタンの中部、首都カブールの西にある。12世紀にゴール朝のスルタン(君主)により建立された。八角形の土台の上にそびえる高さ65m、2層の塔は世界第2位の高さ。幾何学模様、植物模様、アラビア文字などの緻密な装飾で覆われた褐色のレンガの塔の最上部には、青いタイルの銘が埋め込まれている。インドのクトゥブ・ミナールは国内で最も高い石造ミナレットで、ジャームのミナレットが手本になっているとされている。モスクが失われミナレットだけが残ったなどさまざまな説があるが、なぜ建造されたかは明らかにされていない。武力紛争による損傷、略奪、河川からの浸水による倒壊・水没の危機などから、世界遺産登録と同時に危機遺産にも登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


アフガニスタンの世界遺産「ジャームのミナレットと考古遺跡群」についてご紹介します。ジャームのミナレットと考古遺跡群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。