世界遺産「要塞都市ベニー・ハンマード(ベニ・ハッマド)」の詳細情報

アルジェリアの世界遺産・名所ガイド

Al Qal’a of Beni Hammad

要塞都市ベニー・ハンマード

名称:要塞都市ベニー・ハンマード(アルジェリア
英語名称:Al Qal’a of Beni Hammad
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1980年

モスクやミナレットを有する北アフリカ有数の交易地

アルジェリア北部、標高1000mの盆地斜面にあるベニー・ハンマードは、イスラムのハンマード朝の首都として1007年に建設された。北アフリカを東西に結ぶアラブ世界有数の交易地として栄え、商業、学問の中心地となった。しかし他部族からたびたび侵攻を受け、1090年ごろ街を放棄。12世紀のノルマン人の襲撃によって短い歴史を閉じた。街を取り囲む8kmにわたる城壁、イラク製彩釉タイルや鍾乳石で飾られた宮殿、国内第2のスケールを誇る東西56m、南北64mのモスクなどの遺構が残る。モスクにある高さ25m、レンガづくりのミナレット(礼拝を呼びかける塔)は、形状もデザインも独特で、モロッコやスペインにあるいくつかのミナレットの原型となった。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


アルジェリアの世界遺産「要塞都市ベニー・ハンマード」についてご紹介します。要塞都市ベニー・ハンマードの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。