アンゴラ旅行・アンゴラ観光徹底ガイド

アンゴラ旅行・アンゴラ観光徹底ガイド

アンゴラ旅行・観光の見どころ・観光情報

アフリカ南西部に位置するアンゴラは、風光明媚な自然の絶景に恵まれた国だ。熱帯雨林にサバンナ、半砂漠地帯といったアフリカの典型的な風景が一国の中ですべて見られる。中でも高さ100メートル、幅400メートルのカランドゥラ・フォールズは、ビクトリアの滝に次ぐアフリカ第2の滝。また、ルアの観光展望台からは、SF映画に出てきそうな月面さながらの風景が満喫できる。キッサマ国立公園ではキリンやゾウやシマウマから多種多様なレイヨウ類が見られる。首都のルアンダに残っている、ポルトガル植民地時代の格調高い建物の数々も見逃せない。(2016年9月編集部調べ)

アンゴラへ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

アンゴラの人気問合せ情報

アンゴラの最安値カレンダー

アンゴラ旅行・観光の選び方

ナミビアや南アフリカ共和国と組み合わせたツアーでまわると、南部アフリカの魅力を楽しめる

アジアベバやドバイなどを経由して首都ルアンダに入る。日本からの直行便はない。ナミビアやボツワナなど他の南アフリカ諸国とともにツアーが組まれることが多く、全行程は8〜11日間。ただしアンゴラ自体の見所も多く、広大なキッサマ国立公園でのサファリでのんびりして、ポルトガル植民地時代の建物を散策したり、ルアの展望台を満喫したりと単独でのツアーも楽しめる。大西洋でとれる魚のフライなどのポルトガル料理もあれば、「ムアンバ」という肉、魚、ピーナッツをヤシ油で煮込んだ現地料理も楽しめる。木彫りの人形、ビーズの装飾品、布地などがお土産になる。 (2016年9月編集部調べ)


アンゴラのグルメ・伝統料理

アンゴラはグルメにはうれしい豊かな料理文化のある国。牛の数も多く、新鮮な魚貝類も豊富。伝統料理は肉、魚、ピーナッツなどをヤシ油で煮込んだ辛口シチューの「ムアンバ」、塩漬けの肉とオクラなどの野菜をパームオイルで煮込んだ「カルルー」などが有名。食事のときには、これをイモの粉を練ってつくったくず餅のような「マンジョッカ」と一緒に食べる。ポルトガルの影響もあって、「バカリャウ」というタラの塩漬け干物を用いた料理にもお目にかかれる。 (2015年編集部調べ)

アンゴラの人気ツアー

アンゴラ旅行・アンゴラ観光徹底ガイド

5件ヒットしました (1旅行会社 48.08〜73.90万円)
  • 1|
人気度

合算燃
目安
58.88
64.38

旅行代金: 54.40〜 59.90

燃油目安燃: 4.48

8日間

東京発

国・都市情報

アンゴラ・モザンビーク・スワジランド王国他 (ルアンダ、ヨハネスブルク、ムカヤ動物保護区他) ツアー

ホテル:
シティ・ロッジ・サントン・キャサリン・ストリート、サザン・サン・マプト…
航空会社:
エチオピア航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

人気度

合算燃
目安
48.08
53.58

旅行代金: 45.90〜 51.40

燃油目安燃: 2.18

6日間

東京発

ホテル:
スカイナ・ホテル・ルアンダ
航空会社:
エチオピア航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

人気度

合算燃
目安
65.98
71.48

旅行代金: 63.80〜 69.30

燃油目安燃: 2.18

8日間

東京発

ホテル:
アドット・ティナ・ホテル、スカイナ・ホテル・ルアンダ、クワンザ・リバー…
航空会社:
エチオピア航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

人気度

合算燃
目安
72.40
73.90

旅行代金: 72.40〜 73.90

燃油目安燃: 0.00

7日間

大阪発

ホテル:
スカイナ・ホテル・ルアンダ、クワンザ・リバー・ロッジ
航空会社:
エミレーツ航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ

人気度

合算燃
目安
70.30
72.80

旅行代金: 68.90〜 71.40

燃油目安燃: 1.40

7日間

東京発

ホテル:
スカイナ・ホテル・ルアンダ、クワンザ・リバー・ロッジ
航空会社:
エミレーツ航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

5件ヒットしました (1旅行会社 48.08〜73.90万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top