バーレーン旅行・バーレーン観光徹底ガイド

バーレーン旅行・バーレーン観光徹底ガイド

バーレーン旅行・観光の見どころ・観光情報

バーレーンはアラビア湾に浮かぶ、奄美大島程度の大きさのバーレーン島を主島とし、大小33の島から構成されている島国だ。バーレーンとはアラビア語で「2つの海」という意味をもつが、かつて島の至る所で真水が出たため、海水と合わせそう呼ばれるようになった。国王など支配層はイスラム教スンニ派だが、住民の多くはイランと同じくイスラム教シーア派だ。産油国として発展したが、近年では金融、貿易、観光に力を入れている。近隣の湾岸諸国と比べるとイスラムの戒律は穏やかであり、レストランやホテルでの飲酒、アルコール類の購入が行える。おすすめの観光名所は、首都マナーマの国立博物館、グランドモスク、郊外では世界遺産に選ばれているバーレーン要塞など。(2016年9月編集部調べ)

バーレーンへ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

バーレーンの人気問合せ情報

バーレーンの最安値カレンダー

バーレーン旅行・観光の選び方

アラブ諸国を周遊するツアーが主。首都マナーマでのオプショナルツアーを楽しみたい

ツアー期間は6日間から9日間のものがあり、カタール、クエート、オマーン、UAEなどアラビア半島の諸国を周遊するものが主となる。バーレーンでは首都であるマナーマに宿泊し、終日自由行動となるものがおおい。オプショナルツアーでは、世界遺産のバーレーン要塞に行く遺跡ツアー、生命の木などを観る動植物ツアー、国立博物館やグランドモスクなどの市内観光をするものがある。オプショナルツアーは半日程度なので、空いた時間でケバブなどのアラブ料理を堪能したい。(2016年9月編集部調べ)


バーレーンのグルメ・伝統料理

ヒヨコ豆のペーストの「ホンムス」や「ムタバル」、ミンチした羊肉の串焼きの「ケバブ」、大串に刺した肉を焼きながら表面をそいで食べる「シャワルマ」などが、アラブ諸国共通の料理。この地域の料理なら、肉や魚などのスパイシーな炊き込みご飯の「マチブース」(インドのビリヤニのようなもの)や、グルメなら魚の食事も楽しみ。代表的な魚はハムールというハタの一種。果物ではバーレーンのナツメヤシ(デーツ)は人気が高い。飲み物はアラビアコーヒーの「ガフア」がよく飲まれている。 (2015年編集部調べ)

バーレーンのショッピング情報

一般の人たちがどんな買い物をしているかを見るには、スーク(バザール)に行くといい。マナーマのスークでは、日用品や雑貨、スパイス、香水、衣料品、土産物などが売られている。金ばかりを取り扱ったゴールド・スークもある。一般的な買い物なら、様々なタイプの店が入っているショッピングモールに行くのがいい。フードコートもあるのでゆったりできる。代表的なのが、シティーセンター、シーフモールなど。特産はデーツ(ナツメヤシ)だが、土産には好みが分かれるところ。 (2015年編集部調べ)

バーレーンの人気ツアー

バーレーン旅行・バーレーン観光徹底ガイド

1件ヒットしました (1旅行会社 29.70〜31.20万円)
  • 1|
人気度

合算燃
目安
29.70
31.20

旅行代金: 29.70〜 31.20

燃油目安燃: 0.00

9日間

成田発

おすすめ情報

アラブ首長国連邦・バーレーン・クウェート他 (ドーハ、マスカット、アル・アイン他) ツアー

ホテル:
アル・アイン・ロターナ、アルファラジ、スイス・ベルホテル・ドーハ
航空会社:
カタール航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

1件ヒットしました (1旅行会社 29.70〜31.20万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top