世界遺産「ツォディロの岩壁画(ツォディロ)」の詳細情報

ボツワナの世界遺産・名所ガイド

Tsodilo

ツォディロの岩壁画

名称:ツォディロの岩壁画(ボツワナ
英語名称:Tsodilo
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2001年

新旧が混在するサン族による岩壁画

ボツワナ北西部の丘陵地ツォディロには、地元の狩猟民族サン族が10万年以上前から19世紀ごろまで描いた岩絵が残る。しかも4500点を超える絵がカラハリ砂漠の10平方キロメートルの範囲に集中しており、世界的に見ても珍しい密度の高さだ。顔料とテーマとのあいだにも、独特の関係が見られる。赤い顔料で描かれた岩絵にはサイやキリンなどの野生動物が多く、白い顔料では牛が多く描かれている。シマウマは輪郭、ゾウはシルエットというように描き方が異なり、幾何学文様や抽象的な人間の絵も見られる。時代ごとにさまざまな描き方があり、この地域の生活と環境の変化を読み取ることもできる。またツォディロは、地元民族にとって祖先の霊が訪れる聖地でもある。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ボツワナの世界遺産「ツォディロの岩壁画」についてご紹介します。ツォディロの岩壁画の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。