世界遺産「マノボ - グンダ・サン・フローリス国立公園(マノボ=グンダ・サン・フローリス)」の詳細情報

中央アフリカ共和国の世界遺産・名所ガイド

Manovo-Gounda St Floris National Park

マノボ - グンダ・サン・フローリス国立公園

名称:マノボ - グンダ・サン・フローリス国立公園(中央アフリカ共和国
英語名称:Manovo-Gounda St Floris National Park
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1988年

多様な自然環境と豊かな動植物相をあらわす公園

中央アフリカの北部に広がる「マノボ - グンダ・サン・フローリス国立公園」は、総面積は1万7400平方キロメートルの広大な公園だ。環境は変化に富み、北部の広大な氾濫原、南部の険しいボンゴ山地、その中間にある緑豊かなサバンナで構成されている。サバンナも環境によって五つに分類されるほど多様な顔を持つ。そのため生息する動植物も多い。アフリカゾウなど50種以上の大型哺乳類、モモイロペリカンなど約320種の鳥類、約1200種の植物などが確認されているが、密猟による動物の減少が問題となっている。アフリカゾウの場合、密猟だけでなく国家間の紛争にも巻き込まれ、約8万頭から3000頭に減ってしまった。そのため1997年、危機遺産リストに登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


中央アフリカ共和国の世界遺産「マノボ - グンダ・サン・フローリス国立公園」についてご紹介します。マノボ - グンダ・サン・フローリス国立公園の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。