世界遺産「ラリベラの岩の聖堂群(ラリベラの聖堂)」の詳細情報

エチオピアの世界遺産・名所ガイド

Rock-Hewn Churches Lalibela

ラリベラの岩の聖堂群

名称:ラリベラの岩の聖堂群(エチオピア
英語名称:Rock-Hewn Churches Lalibela
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1978年

岩盤をくり貫いて造られた聖堂群

エチオピア高原北東部にあるラリベラ聖堂群は、標高3000mという高地に異彩を放っている。ザグウェ朝のラリベラ国王が「第2のエルサレム」にしようと、12〜13世紀にヨルダン川両岸の岩盤をくり抜いて建造させた。最初につくられたとされるマリアム聖堂、壁画やレリーフが美しい最大規模のメドハネ・アレム聖堂、十字の箱のような造形のギョルギス聖堂、同じデザインの聖堂が内部でつながっているゴルゴダ・ミカエル聖堂など、11の岩窟聖堂が残っている。これらは、今も司祭や修道士が暮らす現役の宗教施設であり、各地から巡礼者が訪れる聖地ともなっている。またエチオピアの文化、建築技術を知る上でも貴重な歴史的建造物とされている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


エチオピアの世界遺産「ラリベラの岩の聖堂群」についてご紹介します。ラリベラの岩の聖堂群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。