ガンビア旅行・ガンビア観光徹底ガイド

ガンビア旅行・ガンビア観光徹底ガイド

ガンビア旅行・観光の見どころ・観光情報

ガンビアは大西洋に面した海岸線以外は、周囲をすべてセネガルに囲まれた東西に細長い国。人口は193万人。旧イギリス領で、奴隷交易の要所としての歴史がある。公用語は英語で、住民の90%はイスラム教徒。治安は比較的よく、美しいビーチを目当てにリゾートを楽しむ欧米の観光客も多い。ガンビア川の河口から30kmほど上流にあるクンタ・キンテ島は、西アフリカにおける奴隷貿易の拠点で、ユネスコの世界遺産にもなった。クンタ・キンテは、アメリカのテレビドラマ「ルーツ」の主人公の名前。奴隷貿易時代に使われていた部屋などが見学できる。(2016年9月編集部調べ)

ガンビアへ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

ガンビアの人気問合せ情報

ガンビアの最安値カレンダー

ガンビア旅行・観光の選び方

セネガルとともに訪れるツアーが中心。ガンビアでは2つの世界遺産がハイライト

周囲をぐるりとセネガルに囲まれたガンビアのツアーは、セネガルとの組み合わせがほとんど。ツアー期間は10日前後が多い。ガンビア川はマングローブが生い茂る野鳥の宝庫。また。アブコ自然保護区では、ワニやサルなどの野生動物に出会える。セネガルとの国境には謎のストーンサークル(環状列石)があり、世界遺産にも登録されている。8世紀頃のものといわれるが、詳細は不明だ。同じく世界遺産のクンタ・キンテ島も見逃せない。料理は、隣のセネガルとほぼ同じで、西アフリカに広く見られる「フーフー」と呼ばれるキャッサバやバナナを練って作った餅と、肉や野菜のシチューを一緒に食べる。(2016年9月編集部調べ)


ガンビアのグルメ・伝統料理

ガンビアの主食は「フーフー」と呼ばれる調理用バナナや、「ニャンカタン」と呼ばれる白いご飯、キャッサバなど。これに肉や野菜を煮てシチューにしたものをかけて食べる料理が多い。調理にパームオイルを使うのが特徴で、どの料理からもかすかにその香りがする。グルメにおすすめのおかずは、ゆでて潰した豆を揚げたコロッケのような「アカラ」、オクラと魚を煮込んだ「スパカンジャ」などがある。基本的には、おかずを主食にのせて食べる、シンプルな食事がほとんどだ。 (2015年編集部調べ)

ガンビアの人気ツアー

ガンビア旅行・ガンビア観光徹底ガイド

5件ヒットしました (1旅行会社 43.20〜53.70万円)
  • 1|
人気度

合算燃
目安
43.98
 

旅行代金: 41.80

燃油目安燃: 2.18

10日間

東京発

ホテル:
アドット・ティナ・ホテル
航空会社:
エチオピア航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

人気度

合算燃
目安
46.30
47.30

旅行代金: 46.30〜 47.30

燃油目安燃: 0.00

9日間

大阪発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
エミレーツ航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ

人気度

合算燃
目安
52.70
53.70

旅行代金: 51.30〜 52.30

燃油目安燃: 1.40

9日間

大阪発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
エミレーツ航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ

人気度

合算燃
目安
43.20
44.20

旅行代金: 41.80〜 42.80

燃油目安燃: 1.40

9日間

東京発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
エミレーツ航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

人気度

合算燃
目安
48.20
49.20

旅行代金: 46.80〜 47.80

燃油目安燃: 1.40

9日間

東京発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
エミレーツ航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

5件ヒットしました (1旅行会社 43.20〜53.70万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top