世界遺産「ガーナのベナン湾沿いの城塞群(ベナン湾)」の詳細情報

ガーナの世界遺産・名所ガイド

Forts and Castles, Greater Accra, Central and Western Regions Volta

ガーナのベナン湾沿いの城塞群

名称:ガーナのベナン湾沿いの城塞群(ガーナ
英語名称:Forts and Castles, Greater Accra, Central and Western Regions Volta
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1979年

奴隷貿易の輸送基地となった城塞群

ベナン湾沿い約500kmにわたり点在する城塞群は、15〜18世紀にヨーロッパ人によって築かれたものだ。かつてベナン湾一帯は、内陸部で採れる金の集散地だったことから「黄金海岸(ゴールドコースト)」と呼ばれていた。15世紀、ポルトガル人が城塞を築いたのを皮切りに、ヨーロッパ諸国が相次いで進出。覇権争いの中で数多くの城塞が築かれた。やがて金の価格が下落すると、取引の主力は黒人奴隷へと変わっていった。城塞は象牙や真鍮(しんちゅう)、香辛料、奴隷などの交易所としても使われ、内部には奴隷の収容所や監獄なども見られる。最盛期に60カ所あったうちの3分の1が残っており、荒廃したものもあるが、博物館や学校にも転用されている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ガーナの世界遺産「ガーナのベナン湾沿いの城塞群」についてご紹介します。ガーナのベナン湾沿いの城塞群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。