世界遺産「イスファハーンのイマームの広場(イスファハーン)」の詳細情報

イランの世界遺産・名所ガイド

Meidan Emam Esfahan

イスファハーンのイマームの広場

名称:イスファハーンのイマームの広場(イラン
英語名称:Meidan Emam Esfahan
ジャンル:世界遺産/観光スポット
分類:文化遺産
登録年:1979年

アッバース1世の築いたイスラム様式の広場

「世界の縮図の広場」と呼ばれたイマームの広場は、イラン高原のほぼ中央に位置するオアシス都市イスファアーンを象徴する世界遺産。南北510m×東西160mの巨大な広場を取り囲む回廊は2層の構造になっており、15世紀のティムール朝の宮殿に手を加えたアリー・カプー宮殿や、イマームのモスクが広場を見下ろすように建っている。16世紀末から17世紀にかけ、アッバース1世によって造り上げられたこれらの建造物を見ると、イランにおけるイスラム文化がこの頃に最盛期を迎えたことがうかがえる。回廊の1階には今も商店などが入り地元の人たちの活気でいっぱい。広場を歩き、モスクを眺め、旧市街やバザールを覗けば、時を超えた旅人の気分を味わえそう。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


イランの世界遺産「イスファハーンのイマームの広場」についてご紹介します。イスファハーンのイマームの広場の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。