シラーズグルメ・料理ガイド

シラーズグルメガイド

シラーズのグルメ・伝統料理

かつてはハーフェズの詩に詠われるように、ブドウ酒の産地でもあったシラーズ。ワインはもう造られていないが、その特産といえばいまもブドウで、グルメならシラーズ産のブドウや干しぶどうを味わってみよう。食事は、チェロケバブや各種ケバブならたいていのレストランでも食べられる。また、アーブグシュト(容器の中にある羊肉やヒヨコ豆のおかずにナーンをちぎって入れ、スープをかけて食べる)は、ここでは容器名のディーズィの名で呼ばれるポピュラーな料理。観光客向けの店で200〜400円で食べられる。(2015年編集部調べ)


シラーズのレストラン・屋台

いいレストランは町の中心部には少なく、少し離れた場所か高級ホテルの中になる。ただしメインロードのザンド通りやその周辺には、簡単な食事ができるサンドイッチ屋やケバブ屋があるので、食事ができなくて困るというほどではない。定番のチェロケバブや各種ケバブ、スープやサラダはどこのレストランにもあり、飲み物を入れた予算はひとり500円〜。バザーレ・ヴァキールの中にも観光客向けのレストランがある。

シラーズの水・お酒

イランではなるべく生水は飲まずに、ミネラルウォーターを買って飲もう。イランでは飲酒は禁じられているので、お酒は楽しめない。一般的な飲み物はチャイ(紅茶)で、チャイハネやレストランで注文できる。フルーツジュースのアープ・ミーヴェは、季節によって飲める種類が変わる。店頭に並んでいる果物をみて頼もう。ポピュラーなジュースは、メロン、スイカ、オレンジ、ブドウなど。そのほかにもさっぱりしたヨーグルトドリンクもおすすめだ。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


シラーズグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるシラーズの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
シラーズのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!