女性を中心に話題の『ギャッペ』をご存知ですか?

『ギャッペ』ってご存知ですか?女性誌面を中心に様々な雑誌やネットで取り上げられていたことから、見たことがある方も多いことでしょう。素朴なデザインながらも高級感があり、ハマる女性が多いのだとか。しかも触ってみると分かりますが、ずっしり重みがあってしっかりとしています。分厚いので踏み心地がよく、お部屋にあるだけでちょっと優雅な気分になれるはず。長持ちするうえに、使い込むほど味がでて愛着も強くなるはず。

家族の幸せを願って作られるイランの“絨毯”をお土産に 家族の幸せを願って作られるイランの“絨毯”をお土産に

過酷な環境でも地面に敷いて使えるくらいタフ

もともと『ギャッペ』とはイランのシラーズ地方でカシュガイ族という遊牧民が、自分たちのテントの床に昔から敷いている手織りの絨毯のこと。寒暖の差が激しく厳しい気候に生息している高山羊の毛を使って、大地に直接敷くことができるよう丈夫に作られています。保温性が高く、冬は暖かく夏はひんやりとしていて快適。厚みもたっぷりで高原や砂漠で地面の熱や冷気を遮断できるんですって。

まったく同じデザインは2つとしてありません。

注目されているのは頑丈さだけではありません。かわいらしいデザインも人気のひみつ。織り子さんが即興で心象風景を織り込んでいくのだとか。素朴で温かみがあるのに、色とりどりでかわいらしく、センスあふれるアートな雰囲気。まったく同じデザインは2つとしてなく、すべてが一点もの。一目惚れをしてしまう人が多いんですよ。

それぞれのモチーフには願いが込められています。

ちなみに織り込まれているモチーフは、それぞれが幸せを願う象徴として意味を持っています。“子供”が絵かがれていれば、それは愛情や健康の願い。“女性”なら多産や子孫繁栄。“生命の木”は長寿や健康、子供の成長を。“馬”“羊”“ヤギ”といった遊牧民にとって身近で家族のような存在の動物は子孫繁栄の象徴なんですって。インスピレーションで選んでもいいけれど、お守りのように願いに合わせてチョイスするのもおすすめです。自分用、ご家族用としてだけでなく、大切な人にもギャッペをお土産にどうぞ。