page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ヤズド旅行・ヤズド観光徹底ガイド

ヤズド旅行・観光の見どころ・観光情報

ヤスドはイランのほぼ中央に位置するオアシス都市。マルコ・ポーロも訪れたと言われ、その繁栄ぶりは「東方見聞録」にも記されている。主な見どころは旧市街に集まっている。イスラム建築の傑作の一つとされるマスジェデ・ジャーメ(金曜モスク)、ドゥラト・アーバード庭園、15世紀に建てられたバザールのアミール・チャクマクのタキーイェなどがそうだ。聖火が燃え続けるゾロアスター教(拝火教)寺院のアーテシュキャデも重要な見どころのひとつ。郊外には、ゾロアスター教徒の鳥葬場だった沈黙の塔もある。また、ヤスドは旧市街歩きが楽しいところとして知られている。泥の壁に囲まれた狭い路地は、まるで迷路のようでおすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

ヤズドへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/04/07現在) フライト時間 現地との時差
ペルシャ語、トルコ語、クルド語 IRR 1 IRR = 0.00259 約15.0時間 約-5.5時間

ヤズドの人気問合せ情報

ヤズドの最安値カレンダー

ヤズド旅行・観光の選び方

ゾロアスター教の聖地ヤズドは、長めのイラン周遊プランに含まれている

ヤズドは、イランを周遊する9日間のツアーに含まれていることが多い。ツアー期間が6日間なら、テヘラン、イスファハン、シラーズどまりでヤズドは含まれない。ゾロアスター教(拝火教)の聖地と呼ばれるヤスドでは、ゾロアスター教寺院のアーテシュキャデや沈黙の塔などを訪れる。ヤズドで旧市街歩きをするならマスジェデ・ジャーメ(金曜モスク)からアミール・チャクマク広場の間が雰囲気がいいのでおすすめ。ヤスドに宿泊した際は、名物のレンズ豆を煮込んだシチューのホレシュテ・ゲイメ・ヤズディーや、バラの水で作った寒天のようなモクートを食べてみよう。(2016年9月編集部調べ)


ヤズドのグルメ・伝統料理

観光地の割には、外国人観光客も入れるような中級レストランは少なく、町なかにはファストフード店かケバブ屋が多くなる。英語メニューはないところも多く、落ち着いてゆっくりとなるとホテルでの食事となる。郷土料理グルメなら、肉とレンズ豆を煮込んだシチューのゲイメ・ヤズディー、スープのシューリーなどを頼んでみよう。観光中の食事には、バザールにあるハンマーム(トルコ式浴場)を改装したチャイハネなどがおすすめ。チャイ(紅茶)やスイーツだけでもその雰囲気を味わえる。(2015年編集部調べ)

ヤズドのショッピング情報

観光客が立ち寄るおもなショッピングエリアは、旧市街の向かいにあるバザール、アミール・チャグマグ広場とその周辺。観光客向けの店は少ないが、絨毯、ヤズド名産の絹織物などの店がある。とくに絹はシルクロードの時代からヤズドは名が知られ、いまも絹製品は多い。また、イランでは「ヤズドのお菓子」は有名で、ヤズド産のバクラヴァ、ゴターブ、綿菓子のバシュマクなどは名産とされている。(2015年編集部調べ)

ヤズドの気温・降水量ベストシーズン情報

周辺を砂漠に囲まれた乾燥地帯にあり、夏の暑さは厳しい。観光にベストな天気は日本の春や秋に相当する3月下旬〜5月と10〜11月。夏に旅行する人は暑さ対策の服装を。日差しが強いので帽子やサングラスは必携。(2015年編集部調べ)

ヤズドのオススメツアー

ヤズド旅行・ヤズド観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook