地元マーケットに人はおらず

地元のマーケットがあると聞いて、中心地にあるシティーマーケットに行くことにしました。「野菜や生鮮食品が売られているなら地元の人も多くいるから安全だろう」と思って行ったのですが、その日は土曜の午後のため、1階の全店舗は閉まっていました。目的の2階にあるサファリ雑貨のテナントは開いていました。サファリの移動途中にトイレ休憩に寄ったお土産屋より、店の数も相当多くあり、扱う雑貨も非常に多くて、喜んでいました。その反面、観光客が全くいなかったので、初めは緊張していました。

安全が第一!ナイロビで買い物に出かける 後編 安全が第一!ナイロビで買い物に出かける 後編

価格は交渉制ですが、安い!

アジアのマーケットと同じく、商品の価格は交渉制で決まります。多く買うとおまけしてくれますし、最初はかなり高く吹っかけられました。私は、5スターとよばれるライオン、ヒョウ、サイ、バッファロー、ゾウが一緒になった、木彫りの壁掛けを探していました。興味のないフリをして各店の価格を調査しながら、安く売ってくれる店で買おうとしました。ところが、全テナントの店員達はみな知り合いなので、遠くからでも私の探しているものを声をかけてしまうんです。「彼女は5スターの木彫り探してるぞー」って。作戦失敗か?!

警戒しすぎず、買い物を楽しもう

挙句の果てにはみなが売りたいので、私の元に店から商品を持ってきて集まってしまいました。各自との値段交渉というより、セリが始まったかのようでした。そのうちの一つを気に入り、満足の価格で購入できました。手彫りなので世界に一つしかない旅の思い出、いい買い物ができました。ただ、ゆっくり商品を見ようにも、他にお客もいないのでみんなの視線が集中していました。気になる方は、お客の多い平日の午前の方がお勧めです。店員はみな親切で、初めの想像より決して悪い雰囲気ではありませんでした。

新しいショッピングセンターへ

私は行きませんでしたが、新しくきれいなウェストゲート・ショッピング・モールがあります。旅に必要なものも手に入りますし、レストランも入っているので食事もできます。町の商店より、キレイなテナントが入っています。町歩きが不安な方もタクシーで行き、買い物が楽しめると思います。安全の基準はそれぞれにあると思いますし、私の行った数年前と現在では事情も異なります。旅行者や、現地の旅行社・ホテルスタッフが最新情報を持っています。参考にして、実際に自分が外に出て、危ないと感じたら無理をしないことが大事だと思いました。