ナイロビショッピング・お土産ガイド

ナイロビショッピング・お土産ガイド

ナイロビのショッピング情報

ナイロビの治安は残念ながら決してよいとは言えない。かろうじて外国人観光客が歩けるショッピングエリアは、ケニヤッタ大通りからママニンガ通りにかけてのエリアのみ。ここには観光客向けのお土産屋や高級ブティック、おしゃれなカフェやレストランが建ち並んでいる。闇両替屋なども闊歩しており、スリや強盗にはくれぐれも注意したほうがよい。また夕方以降はこのエリアであっても町を歩かないほうがいいだろう。(2015年編集部調べ)


ナイロビの特産品・ブランド

おしゃれで手頃なお土産としておすすめなのがサイザル麻で編んだバッグ。カラフルでアフリカらしい色使いがステキ。通称ソープストーンと呼ばれるつるつるの石を使った動物の置物もケニアの特産品。木彫りの動物とともに注目してみるとおもしろい。地元の女性達が身につけているカラフルな布カンガも要チェック。男性用にはストライプ柄でフリルの付いたキコイという布もある。ケニアの高地でとれた紅茶の茶葉も世界的に有名で、地元のスーパーマーケットなどでも手に入る。

ナイロビの市場・免税店・お買い物スポット

地元の人たちの市場となっているのはケニヤッタ大通りの北側にあるシティマーケットとその周辺。肉や野菜、魚などが並ぶ庶民の台所だ。ただし治安はよくないので気をつけよう。手頃な民芸品を探しているなら、ぜひ足を運んでみたいのがマサイマーケット。マサイ族のビーズアクセサリーや、木彫りの動物、お面から色鮮やかな絵画までケニアらしい土産物を売る露店が並ぶ。開催日や開催場所は毎日変わるので現地でチェックしてみよう。


現地ガイド発!ナイロビのショッピング・お土産最新情報

2014/06/23 ショッピング

安全が第一!ナイロビで買い物に出かける 後編

ナイロビ旅行イメージ-安全が第一!ナイロビで買い物に出かける 後編 安全が第一!ナイロビで買い物に出かける 後編

地元のマーケットがあると聞いて、中心地にあるシティーマーケットに行くことにしました。「野菜や生鮮食品が売られているなら地元の人も多くいるから安全だろう」と思って行ったのですが、その日は土曜の午後のため、1階の全店舗は閉まっていました。目的の2階にあるサファリ雑貨のテナントは開いていました。サファリの移動途中にトイレ休憩に寄ったお土産屋より、店の数も相当多くあり、扱う雑貨も非常に多くて、喜んでいました。その反面、観光客が全くいなかったので、初めは緊張していました。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ナイロビショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるナイロビの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
ナイロビのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!