ツァボグルメ・料理ガイド

ツァボグルメガイド

ツァボのグルメ・伝統料理

国立公園内の食事はロッジのレストランでとることになっている。リクエストに応じてコース料理もとれるが、基本はビュッフェスタイルだ。新鮮な野菜や肉を素材とした料理は、どのロッジでも充実している。ロッジごとにシェフの自慢料理が日替わりで供せられる。七面鳥や子牛のソテーなどはソースにバリエーションがあっておすすめ。シェフが一人一人切り分けてくれるのもうれしい。ケニア人観光客の増加にともない、最近ではケニア料理のメニューも増えてきた。ケニア風肉じゃがともいえるカランガなども試してみたい。(2015年編集部調べ)


ツァボの水・お酒

飲み物はロッジで手に入る。生水は避けてミネラルウォーターを飲むこと。ロッジのバーやレストランではウイスキーやブランデー、ビールなど各種のお酒が飲める。ケニア産のビールは味がいいことで知られる。ライトなテイストのタスカーがトップブランドだ。軽すぎて物足りないという人にはピルスナーがおすすめ。ICEピルスナーというアルコール度やや高めの製品もある。タスカーとピルスナーの中間くらいのコクのあるホワイトキャップというビールも人気が高い。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ツァボグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるツァボの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ツァボのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!