世界遺産「レプティス・マグナの考古遺跡(レプティスマグナ)」の詳細情報

リビアの世界遺産・名所ガイド

Archaeological Site of Leptis Magna

レプティス・マグナの考古遺跡

名称:レプティス・マグナの考古遺跡(リビア
英語名称:Archaeological Site of Leptis Magna
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1982年

ローマ植民市時代に発展した商業都市跡

レプティス・マグナは、リビアの首都トリポリの東方にある都市の遺跡。紀元前10世紀、フェニキア人が地中海沿岸に建設した。前1世紀以降、ローマ帝国の支配下で北アフリカの商業中継地として発展。セプティミウス・セウェルスがローマ皇帝に就いた2世紀後半から黄金期を迎える。東西と南北に走る2本の幹線道路を中心に、さまざまな施設が建設された。4つのアーチを組み合わせた凱旋門、1万6000人を収容する野外劇場、さらに小神殿、大会堂、浴場など。ローマに匹敵するほどの壮大な都市となり「偉大な」を意味する「マグナ」が冠せられ「レプティス・マグナ」と呼ばれるようになった。遺跡はローマ時代の装飾技術などを鮮明に伝えている。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


リビアの世界遺産「レプティス・マグナの考古遺跡」についてご紹介します。レプティス・マグナの考古遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。