世界遺産「サブラータの考古遺跡(サブラタ)」の詳細情報

リビアの世界遺産・名所ガイド

Archaeological Site of Sabratha

サブラータの考古遺跡

名称:サブラータの考古遺跡(リビア
英語名称:Archaeological Site of Sabratha
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1982年

ローマ植民市の遺跡

サブラータは、リビアの首都トリポリの西にある都市の遺跡だ。地中海貿易で活躍していたフェニキア人が、紀元前9世紀ごろ建設した。レプティス・マグナやオエア(トリポリ)と並んで、フェニキア3大都市と呼ばれている。前1世紀以降ローマの支配下となり、後2世紀のトラヤヌス帝時代に、遺構の多くを占める建造物が築かれた。北アフリカ最大規模ともいわれる円形劇場、リベル・パテル神殿をはじめとする多くの神殿、広場、教会、公衆浴場などだ。円形劇場には多彩なレリーフがあり、ローマ芸術を今に伝えている。後2〜3世紀に繁栄を極めたが、4世紀に発生した度重なる地震により街は半壊。7世紀に侵入したアラブ軍の破壊により、廃墟となった。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


リビアの世界遺産「サブラータの考古遺跡」についてご紹介します。サブラータの考古遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。