世界遺産「アツィナナナの熱帯雨林(アツイナナナ)」の詳細情報

マダガスカルの世界遺産・名所ガイド

Rainforests of the Atsinanana

アツィナナナの熱帯雨林

名称:アツィナナナの熱帯雨林(マダガスカル
英語名称:Rainforests of the Atsinanana
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:2007年

キツネザルなど絶滅危惧種の生息地

「アツィナナナの熱帯雨林」は、マダガスカルの六つの国立公園にまたがっている。マダガスカルヘビワシなどが生息する島最大のマソアラ国立公園、新種のオオタケキツネザルが保護されているラノマファナ国立公園などだ。マダガスカル島は、6000万〜8000万年前に大陸から切り離されたため、動植物が独自の進化を遂げている。確認されている植物の固有種は、約1万2000種。また、動物の固有種も多いことから、「生物の標本室」とも呼ばれる。マダガスカルで見られる120種以上の哺乳類のうち、78種がアツィナナナの熱帯雨林で確認され、そのうち72種が絶滅危惧種という重要な自然生息地だ。しかし森林の不法伐採と密猟により2010年、危機遺産リストに登録された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


マダガスカルの世界遺産「アツィナナナの熱帯雨林」についてご紹介します。アツィナナナの熱帯雨林の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。